ANSWER4 / FOCUS Light

商品説明

ANSWER 4 / FOCUS Light
アンサーフォー / フォーカスライト
price : ¥25,380-(税込)

サイズ: XS 、S、M、L、XL
カラー:ブラック
価格:23,500円(税抜き)
重量:XSサイズ251g、Sサイズ220g、Mサイズ225g、Lサイズ230g、XLサイズ235g
生産:日本
仕様:前面/ドリンクホルダ×2、ドリンク横ポケット×2、前面下部ポケット×2、側面/ファスナー付きポケット×2、開放ポケット×2
背面容量:約7L(XS約6L) 
素材:メイン素材 東レ製ナイロン100%

<<スタッフ参考サイズ>>
・鷹巣:168cm60kg / Mサイズ
・水越:161cm57kg / Mサイズ
・仲田:157cm / Sサイズ
・松井:165cm / Sサイズ

---

何でAnswer4なのか?がわかるザック

Answer4の代名詞と言えば「FOCUS Ultra」。
それまで日本人の、特に女性の体系に合うザックはあまりなく、背負っていると揺れや擦れで不快な思いをしていた多くのユーザーの悩みを解決しただけでなく、ブランドロゴがまったく目立たない、むしろどこにあるのかわからないのに、その形で「Answer4」だと伝わる存在感は、あっという間にトレイルランニング界にムーブメントを起こしました。
そう、トレランザックの価値観を変えてしまったのだから。
それまでは、外国製の大きなザックを、アジャスター調整でなんとか日本人の体形に合わせていたし、ザックも10L前後の容量に対応するものが主流でした。
それが、Answer4のザックはどうでしょう。
ボディに採用されている生地は伸縮性がなく、背面ポケットもない、容量はどう頑張っても4L程度。でも、必要なものを厳選し、軽量で小さくなる物を選べば、100mileレースでも戦える。それをデザイナー自らが走って証明し、教えてくれたのが「FOCUS Ultra」という存在でした。

ただ難点も・・・。
ボディとファスナーカラーを選択できる「FOCUS Ultra」は、セミオーダーメイドに近い為、生産数がか限られ、運よく注文できたとしても、注文から商品が届くまで約1カ月かかり、欲しいときにすぐに手に入るザックではなかったこと。

そして「戦うザック」として作られた為、練習などの戦わない時には容量が少なくて正直使いずらいザックだったこと。

この2点を解決したのが「FOCUS Light」と言えます。

「戦う為のザック」としての利点はそのままに、より万人に、どんな時でも使えるトレランザックへと進化しました。


重さを感じにくい設計

背中の高い位置で背負い、また体にフィットする逆三角の形状はそのままなので、揺れが最小限になり、背負っているストレスを感じにくいザックと言えます。特に重さは、背負っているときは驚くほど感じにくく、下した瞬間「こんなに重たいものを背負っていたのか?」と驚くほどです。

容量は8Lへ

「FOCUS Light」は「FOCUS Ultra」と比べ、背面を一回り大きくしただけでなく、前面下部のポケットが増えました。これまで側面ファスナーポケットと側面の開放ポケットしかなく、体の堅い人にはちょっぴり苦しかったあの行為も、側面のファスナーは横ではなく縦になったため、スムーズに開閉が可能。また、前面ファスナーがあることにより、携帯電話や手袋、Answer4のウィンドシェルなら収納可能になりました。 一回り大きくしたザックの揺れを抑えるため、胸のチェストストラップは2本から3本へ変更されました。

行動を妨げない

ボトル、ボトル側面ポケット、前面下部・側面ポケットに行動中に必要なものを収納できるだけでなく、本体上部にドローコードを付ければ(ご自身でカスタムしてください)レインウェアなどの脱着回数の多いものをザック内にしまう手間が省け、便利。
背面に入れた物を行動中にわざわざ立ち止まって出すのは距離がなくなればなるほど面倒になるもの。なので手の届く範囲に収納できるポケットがたくさんあるのはとても便利です。
ハイドレーションは不可ですが、ボトルを使用することにより、水分の残量が確認しやすく、また補給もしやすくなります。

シンプルなブラックカラー
どんなウェア、どんな服装にもあうブラックカラー。
リフレクターや大きなブランドロゴは、もちろん入っていません。
レースの際、トップ選手になればなるほど、後ろから追ってくる選手に自分の位置を知られない為に、時にはライトまで消すんだそうで、100mileを戦うブランドであるAnswer4の製品にはリフレクターキーホルダー以外全て使われておりません。
メイン素材はナイロン100%で、軽いのに耐久性が強いのが魅力です。


一度背負って走ってみれば、機動力が高いザックに、便利な使いやすさが加わり、揺れにくさを実感できるはずです。
そして、もう病みつきになり、他のトレランザックでは走れなくなるかもしれません。


よくサイズ感が難しいと言われるAnswer4のザック。
実際背負ってみてもらうのが一番なのですが、どうしても試し背負いができない方は下記を参考にしてください。

ちなみにランボーイズランガールズスタッフの
水越と松井は身長差はありません。
でも選ぶサイズは、水越⇒Mサイズ、松井⇒Sサイズ です。そこにはもちろん体重差という部分もありますが、正直に言えば体重差はほとんどなく(笑)どちらかというと、肩幅、胸の厚さなどでこのザックはサイズが変わってきます。

多くの女性がなで肩で、胸板が薄い(胸が大きいのとはまた別)ので、XSからSが最適なサイズだと思います。155cm以下の方はXSを選ばれる方が多いです。
また、男性の方で痩せていて、普段Sサイズのウェアを着ている方でも、骨格ががっちりしている、肩幅がある、胸板が熱い方はMサイズを背負われています。
下記はAnswer4のHPに記載されているサイズとなりますが、胸囲をぜひ参考になさってください。それでもわからない場合はぜひお気軽にお問合せください。
店頭でお試しになる場合でも、前のボトル入れや背面に荷物が入っている状態とそうじゃない状態では大きく異なります。荷物を入れる状態を想定しての試着をお勧めします。(マツイ)


<サイズ>
各サイズのサイズ調整はサイドポケットで調整していますので各選手の胸囲(女性の場合は体格)を参考にしてください。
XSサイズ/星野 由香理選手、福島舞選手
Sサイズ/田中“JR田中”裕康選手(身長 169cm胸囲 83cm)、永田務選手(身長175cm、胸囲81cm)
Mサイズ/井原 知一選手(身長178cm、胸囲85cm)、小林(身長175cm、胸囲85cm)、小原 将寿選手、小野 雅弘選手 Lサイズ/参考サイズ(胸囲90cm)
XLサイズ/参考サイズ(胸囲95cm)
※XSサイズのみ、背面部分(ショルダーハーネス含む)のサイズを5cm短くしています。
---


※※店頭在庫共有商品※※
本商品は店頭販売分と在庫を共有しています。
オンライン上で在庫ありの場合でも、店頭での販売状況によって在庫切れが発生する可能性もございます。ご注文受付後に最終在庫確認を行いメールにてご連絡さし上げます。予めご了承の上、ご注文をお願いします。
商品名 ANSWER4 / FOCUS Light
販売価格 25,380円(税1,880円) 在庫の確認
カラー
サイズ