Arc’teryx / Phase Glove

商品説明

Arc’teryx / Phase Glove Mens
アークテリクス / フェイズ グローブ メンズ

price : ¥4,860-(税込)

color : Black / Titanium
size : size : XS・S・M・L
fabric :
・Phasic™ AR—100% ポリエステル
・PU タッチスクリーン対応パッド

重量:20g

耐久性、透湿性の Phasic™ AR-X 素材採用でピッタリフィット構造の Phase グローブは、優れた断熱効果の裏地として、または単体としての機能も備わっています。シェルの下に装着すれば保温性、素早い透湿性、ウェット時は断熱効果も発揮します。親指と人差し指にセンサー パッド入りなので、スマートフォン、タブレット端末、その他のタッチスクリーン デジタルツールも使用可能。軽量でパックやポケットに収納しやすく、寒い日のトレイルランニングや春季のクロスカントリー スキー ツアーに最適、気温の下がるショルダーシーズンには携行として最適です。

技術的な特徴
・透湿性
・軽量
・薄手
・速乾性

構造
・滑らかな表面素材でレイヤリングも簡単

パターン
・より機敏に動ける立体構造フィット

袖口と袖の構造
・ロングカフス

お手入れ
・冷水で洗濯機洗い。
・低温でタンブラー乾燥。
・低温でアイロン。
・柔軟剤使用不可。

- サイズ(メンズ) -
XS : 手囲 19.2 - 20.0cm|手長 17.8 - 18.4cm
S : 手囲 20.0 - 20.9cm|手長 18.4 - 19.0cm
M : 手囲 20.9 - 21.8cm|手長 19.0 - 19.6cm
L : 手囲 21.8 - 22.6cm|手長 19.6 - 20.2cm



---

Phase はArc’teryxのベースレイヤーシリーズの総称。ベースレイヤーではpatagoniaのcapileneシリーズが有名で、Phaseは高い機能の割にトレイルランニング界隈では意外と認知度が低いなと思うのですが、僕はトレイルランニングを始めた時からPhaseシリーズの大ファン。今でも勝負時には必ずPhaseのシャツを使う、そのくらい信頼しているシリーズです。

Phaseの特徴はとにかく汗の拡散性が高いことで、各ブランドで数あるベースレイヤーの中でもトップクラスです。使用する目的に応じて、軽量で汗の拡散性に最も優れた”SL” (Superlight)、保温性と汗の拡散性のバランスが良い”AR”(Allround)、もっとも保温性の高いSV(Severe Weather)の3カテゴリーがあります。

冬場のトレイルランニングでは、寒い→じゃあ保温しよう→走る→やっぱり暑い、ってことが結構多く、そして特にアクセサリーのカテゴリにおいて、ちょうどいい感じのアイテムが少ないです。

例えば、冬場のランニンググローブは薄手でも起毛した保温性の高いタイプのものが多いです。走っていると暑くなっちゃうけど取ったら寒い…。なんて経験したことがある方も多いんじゃないでしょうか?

ライナーグローブとしても使えるPhase Gloveは、本当に程よい薄さで、暑すぎず寒すぎないためそんなジレンマを解決してくれます。旧モデルはタッチセンサーに反応しませんでしたが、現モデルはそこも改良されしっかりタッチセンサーに反応します。

デザインもミニマルだし、機能的に街ランでもバッチリはまりますよ。


※※2016年の秋冬シーズンよりPhase ARのウェアはPhasic(Phaseのベースとなる素材名)の新素材を使っていますが、ここで紹介したアクセサリー類は従来のPhasic素材を使用しています。

スタッフのコメント

暑すぎず、寒すぎない、ランニングでここがしっくりくるグローブがあまりなかったのですが、Phase Gloveはすごく丁度いいです。タッチスクリーン対応になって街から山までますます使う頻度が増えました。(桑原)
商品名 Arc’teryx / Phase Glove
販売価格 4,860円(税360円) 在庫の確認
カラー
サイズ